サイバー犯罪アタックサーフェスの可視化

攻撃者の視点で自組織をチェック

サイバーセキュリティの情勢は常に進化しており、セキュリティチームが取り組むべきポイントも変化しています。いまや最新の脅威に対応するだけではなく、攻撃者の視点で自組織を評価して、リスクや脆弱性を真に理解するという、より深い対応が求められています。

組織が攻撃者の先を行くためには、サイバー脅威インテリジェンス(CTI)の力を活用することが重要となります。攻撃者の活動について情報を入手することで、自組織が彼らの目にどのように映っているのかを理解することが可能となります。サイバー脅威インテリジェンスを駆使してサイバー犯罪アタックサーフェスの全体像を正確に理解することこそが、攻撃者の戦術について理解を深めるとともに、ネットワークやシステムの防御を強化することにつながります。

詳細のお問い合わせ

supply chain security

攻撃者の視点でアタックサーフェスを特定

アタックサーフェス&資産管理機能を活用して、運用セキュリティを実現していただけます。攻撃者の視点で自組織を分析し、包括的に理解することで、現在直面しているリスクを評価し、適切にセキュリティ対策の優先順位付けを行うことが可能となります。今日では、潜在的な脅威や脆弱性がどこに存在するのかを理解してこそ、組織のデジタル資産とインフラを能動的に保護できることが明らかとなっています。

監視&アラート機能をニーズに合わせてカスタマイズ

監視&アラート機能をカスタマイズし、最も重大な問題に的を絞って自組織やサプライチェーン、資産を狙う脅威を追跡していただけます。KELAが皆様のアタックサーフェス全体を監視し、外部から見たネットワークの状況をマッピングし、露出しているデータベースや開放したままになっているポート、脆弱性などをチェックします。様々なインテリジェンスを一元化した画面で、組織のアタックサーフェス全体の概要をご確認ください。

能動的な対策をサポート

サイバー犯罪者による不正アクセスを阻止するためには、サイバーセキュリティのベストプラクティスを導入し、ユーザー認証を強化するとともに、技術的かつ組織的戦略を通じてアタックサーフェスを縮小する必要があります。常に進化するサイバー犯罪情勢について最新情報を入手し、自組織を脅かす脅威の出現に先手を打つことによって攻撃を回避することが可能となります。