AI基盤の保護をお考えですか? Aifort 製品について詳しく読む

の詳
KELA Research

中国系サイバー犯罪エコシステム(レポート)

米サイバーセキュリティ・インフラストラクチャ・セキュリティ庁(CISA)が中国を出自とするサイバー脅威を重要視したことを受け、KELAは、中国系サイバー犯罪エコシステムを調査しました。今回のサイバーインテリジェンスレポートでは、役割が細分化されたサイバー犯罪エコシステム、中国と外国のオンラインプラットフォームを使い分けて当局の検知を回避している様子、中国語話者のアクターが国際的なサイバー犯罪プラットフォームにも活動の場を移している現状などを明らかにしています。

2023 年、米サイバーセキュリティ・インフラストラクチャ・セキュリティ庁(CISA)は、中国がロシアや北朝鮮、イランと並び、米国にとって最大の国家的脅威になっているとして警戒を強めました。その背景には、中国の国家支援を受けたアクターによるサイバー攻撃が急増し、中国語話者によって作成されたマルウェアの数が増加の一途をたどっているという現状があります。金銭的動機で活動するサイバー犯罪者と国家支援を受けたAPTアクターが互いの成長を助長している状況は、彼らが同じサイバー犯罪エコシステム内で活動していることを示唆しています。組織の防御を担当される皆様が中国を出自とする脅威に対抗するための知識を付ける一助として、ぜひご一読ください。

今回のレポートで取りあげているトピック:

  • 背景:中国系サイバー犯罪の歴史的背景と政府の取り組みによる影響
  • 中国語話者がサイバー犯罪に利用するプラットフォーム(2024年): 各プラットフォームの現状と、Telegramを利用した詐欺エコシステムの分析
  • 非中国語系サイバー犯罪プラットフォームにおける中国語話者(アクター)の活動:金銭的動機で活動する中国語話者のアクターが、非中国語系サイバー犯罪プラットフォームに参加しつつある現状、中国系APTアクターとのつながり

レポートの全文を読む